Home > 製品紹介 > FusionPlace の特長 > マクロ不要のExcel双方向連携機能 (Excel-Link)

マクロ不要のExcel双方向連携機能 (Excel-Link)

計数管理システムでは、Microsoft Excel とのデータ連携の良さが重要です。多次元データベースとExcelの間でデータをやり取りできるというだけでは不十分です。多次元データベース上のデータを、いかに簡単に、作成したい報告資料の様式に落としこめるか、また反対に、ユーザにとって馴染み易いレイアウトのExcelシートに入力されたデータを、いかに簡単に多次元キューブに転送できるかが問われているのです。

FusionPlaceのExcel連携ツールである Excel-Link は、これらの要請に、画期的なアプローチで応えます。

「Pull 方式」の Excel連携

Excel-Linkを用いる場合、ユーザはExcelシート上で任意の「範囲」を処理対象として指定し、さらにその範囲の周りに、行ごとのキーと列ごとのキーを配しておきます。Excel-Linkの「データ取得」処理を実行すると、キーによって指定されるデータが、行・列の交点である各セルに貼り付けられます。中間的な受け渡しデータは不要であり、データ加工・貼り付けのためのExcelマクロも不要です(下図参照)。

プッシュ方式とプル方式

※ Push方式では、作成した担当者以外メンテナンス不可能な Excel マクロの山ができる。

シート例を見る...

双方向のデータ連携

Excelシートの各セルにFusionPlaceからデータを取得し、セル内容をシート上で編集して、修正された値をFusionPlaceに返してやることができます。取得用セルと書き出し用セルを別々に設ける必要がないので、シート上の各表を表示用にも入力用にも使うことができます。

この特長を利用すれば、各部門がシートに入力した予算値を多次元キューブに転送し、集計結果を確認するといった処理も簡単です。

アクセス制御と自動プロテクト

FusionPlaceでのアクセス制御(後述)は、Excel-Linkにも適用されます。

Excel-Linkを用いると、FusionPlaceの元帳の各セルとExcelシートの各セルが結び付けられます。そして、元帳の各セルの入力可否を反映してExcelシートの各セルの入力可否を自動的に切り替えることが可能です。合わせてセル色を切り替えることもできます。

この機能を利用すれば、Excel シートの作成時に、セルごとにロックする/しないの設定を行う必要がなくなり、シート作成における誤りの要因がひとつ減ります。

Home > 製品紹介 > FusionPlace の特長 > マクロ不要のExcel双方向連携機能 (Excel-Link)

このページの先頭に戻る