Home > 製品紹介 > FusionPlace とは

FusionPlace とは

印刷に適したPDFファイル版の製品ご紹介資料を、このWebサイトの「ダウンロード」ページからダウンロードして頂けます。そちらもあわせてご活用下さい。

FusionPlace は、リアルタイムで更新/集計可能な多次元データベースを核にしながら、ユーザがデザインしたExcelシートをフロントエンドに取り込んで、計数管理業務プロセスの全体を支援するソフトウェアです。

「計数管理業務」の具体例としては、例えば以下のような業務領域があります:

  • 予算の作成・集約・とりまとめ業務
  • 月次の予算実績管理業務
  • 期末近くでの決算見込み業務
  • 財務決算業務(勘定元帳をもとにB/S、P/L等を作成)

計数管理業務は、関連システムからのデータ連携~補足データの入力とデータの加工~Excelによる報告資料の作成と提供という一連の流れからなります。

FusionPlace は計数管理業務のこうした特性に配慮して設計されており、検索・表示だけでなく、上記の一連のプロセスを支援する機能を備えています。

【計数管理業務】

企業をはじめとする組織は、活動を効果的に遂行していくために、計画を立て、実績を把握します。実績は計画と対比して分析し、必要であれば活動を修正します。また、分析によって得た気づきを次の計画に織り込みます。このようなサイクルは、個々の部門、事業部門、会社全体といった、組織のさまざまなレベルで実行されます。計画書や実績報告には、具体的な活動内容についての記述に加えて、そのような活動の結果の反映であるさまざまな数値や金額が含められます。このように、数値データや金額データを用いて組織の活動を計画し、実績を把握・分析して報告し、アクションに反映することを、ここでは計数管理と呼んでいます。企業全体では、P/LやB/Sの全体を対象として計数管理が行なわれますし、営業部門では売上高や売上粗利・売掛金に重点を置いた計数管理が行なわれます。その他の部門でも、それぞれ、部門の責任に則した形で計数管理を行います。

※ 「計数管理」には、管理会計だけではなく財務会計上の会計報告も含めて想定しています。

Home > 製品紹介 > FusionPlace とは

このページの先頭に戻る