Home > 製品紹介 > システム運用形態とシステム構成 > システム構成

システム構成

システム全体構成

FusionPlace ではサーバプロセスとクライアントプロセスが通信しながら処理を遂行します。下図は、Webサーバベースで運用する場合のFusionPlaceのシステム構成を示しています。スタンドアロンベースでは、クライアント機とサーバ機が同一のコンピュータとなるだけで、他の点に違いはありません。

システム全体構成図

サーバ機側の構成

アプリケーションサーバ

ユーザからの処理要求を受け付けてアプリケーションプログラム(FusionPlaceサーバプログラム)に橋渡しするソフトウェアです。

FusionPlace では、アプリケーションサーバとして広く使用されている"Apache Tomcat"というオープンソースのソフトウェアを用いています。

FusionPlace で使用している Apache Tomcat のバージョン 5.5.28
Apache Tomcat のWebサイト http://tomcat.apache.org/
Apache Tomcat 日本語資料のWebサイト http://www.jajakarta.org/tomcat/

FusionPlaceサーバプログラム

FusionPalceのサーバ側処理を担当するプログラムです。Java の サーブレットとして構成されています。サーブレット(Servlet)とは、Webサーバ上でJavaプログラムを実行するための標準規格(サーブレット仕様)に準拠して作成されたプログラムのことです。

FusionPlace が準拠している サーブレット仕様のバージョン 2.4

データベースエンジン

FusionPlaceは、"H2"というオープンソースのデータベースエンジン(データベース管理システム)を用いています。H2は軽量(必要メモリ量が少ない)、高速、管理が容易という特長を持っています。

FusionPlaceでは H2 を「組み込みモード」で使用しています。すなわち、H2 と FusionPlaceは同じプロセス内で一体として稼動します。

FusionPlace で使用しているH2 のバージョン 1.1.118
H2 のWebサイト http://www.h2database.com/

クライアント機側の構成

Webブラウザ

メニューページの表示などのために、インターネットエクスプローラを使用します。対応バージョンは「システム要件」をご参照ください。

メニューページからは、FusionPlaceブラウザとマネージャの起動、Excel-Linkアドインファイルの取得、ユーザマニュアルのオンライン参照を行って頂くことができます。

FusionPlaceブラウザとマネージャ

FusionPlace のユーザインターフェースを担当するJavaアプリケーションプログラムです。ブラウザがデータの照会と入力用、マネージャがアプリケーションの設計と維持管理用です。プログラムファイルはサーバ機から自動的に配信されます。配信には、Java Web Start テクノロジが使用されます。Java Web Start テクノロジは、Java実行環境に含まれています。

Excel-Link

Excel-Linkは、Microsoft Excel から FusionPlace のデータにアクセスするためのツールです。Excel-Linkは、Microsoft Excel のアドイン(XLAファイル)です。

Excel-Linkアドインファイルは、前述したメニューページからダウンロードできます。

通信手段とネットワークセキュリティ

サーバとクライアントの通信には、HTTPプロトコルが使用されます。

FusionPlace の現在のバージョンでは、クライアント・サーバとも社内ネットワークに直接接続されている環境を前提に、必要なネットワークセキュリティ対応を行っております。対応内容は以下の通りです:

  • パスワードが平文のままネットワーク上を流れることはありません。ログイン時の認証には、パスワードをハッシュ暗号化するダイジェストアクセス認証方式(RFC2617)を採用しています。
    パスワードの登録・変更に際しては、クライアント側で入力されたパスワードは、サーバが自動的に生成した公開鍵で暗号化され、サーバに送信されます(公開鍵暗号方式)。パスワードはハッシュ暗号化された上でデータベースに保存されます。
  • パスワード以外の通信データは暗号化されません。したがって、インターネット上のクライアントから FusionPlaceのサーバに接続することはお勧めしません。
  • 同様に、社外からアクセスする場合に必要となる可能性がある、プロキシ認証・SSLについても、現在のバージョンでは対応しておりません。

Home > 製品紹介 > システム運用形態とシステム構成 > システム構成

このページの先頭に戻る