Home > 製品紹介 > 画面サンプル > ディメンション設定画面

ディメンション設定画面

ディメンション」は元帳(多次元のデータ容器)で用いる「データの切り口(=次元)」です。下図の画面で各ディメンションの内容を登録することができます。

ディメンション設定画面サンプル

画面左側部分では、「ディメンション」フォルダ(=行)の下に、会計年度から店舗までのディメンション(=行)が並んでいます。このうち、「商品部門」と「店舗」を除く六個は「フィナンシャル・アウェアネス」を実現するために、最初から提供されています。この六個以外にも必要なディメンションがあればいくつでも登録することができます。上図画面では、店舗ディメンションが選択され反転表示されています。

画面中央部分の「メンバツリー」パネルには、(選択されている)店舗ディメンションに属するメンバ(ディメンションを構成する個々の要素)がツリー構造をなしている様子が表示されています。

画面右側部分には、メンバツリー上で選択されたメンバに関するラベルや名称、プロパティ値(属性値)が表示され、編集することができます。「ラベル」はメンバを識別するコードです。上図画面ではメンバ「東京地区」のラベルが「TOKYO」であることがわかります。

Home > 製品紹介 > 画面サンプル > ディメンション設定画面

このページの先頭に戻る